人材育成・研修企画
Human resource development

ベースとなる"人間的魅力"が成長を加速させる

採用は設計し、合格を出し、承諾をもらうまでではありません。本当のスタートはそこからの育成にあります。学生それぞれがアイデンティティを大切にしながら豊かに働く――。そのためのベースづくりとなる人材育成の基盤形成に注力した育成を行います。それぞれの企業によって異なるペルソナに対して、育成視点からその企業にあった人材の育成に取り組みます。

マインドセットでベースアップする研修

専門的スキル

社会人としての
基本的ビジネススキル

人間的魅力

業界・職種の知識・スキル

  • ・仕事で必要な知識
  • ・業界理解
  • ・製品(商品)理解
  • ・職種別に必要なスキル

一般的に社会人として必要なベーシックスキル

  • ・マナー
  • ・基本的行動(ホウレンソウなど)
  • ・種類別に必要なスキル

大切にしている考え方や価値観

  • ・自己理解
  • ・仕事に対する姿勢(社会人としての心構え)
  • ・周囲に対する姿勢(思いやりの精神)

業界・職種の知識・スキル

・仕事で必要な知識
・業界理解
・製品(商品)理解
・職種別に必要なスキル

一般的に社会人として必要なベーシックスキル

・マナー
・業界理解
・基本的行動(ホウレンソウなど)
・社会人基礎力(12のビジネススキル)

大切にしている考え方や価値観

・自己理解
・業界理解
・仕事に対する姿勢(社会人としての心構え)
・周囲に対する姿勢(思いやりの精神)

単にテクニックやスキルを学ぶだけではいけません。個々人がしっかり働くことに対して目を向けなければ、効果が上がりませんし、持続的成果を生む事は出来ません。そのため、人生観や価値観をベースにした研修を構築し、まずは、個々のマインドセットを行います。

マインドセットでベースアップする研修

能力(成果)= 能力(スキル) × 行動(アクション)

スイッチ

やろう!とする気持ちの醸成
精神的姿勢の確立

スキル

やり方や考え方を学ぶ
思考方法の整備

アクション

現場で活きる形で理解する
実際知識の拡大

普遍的な価値判断基準を明確化し、仲間全員で共有する

目標からブレイクダウンされた研修コンテンツの構築

どのような、社員になってほしいのか

①あるべき姿
(目標の明確化)

ギャップを埋める作業

目標達成の為には、どのような研修をすべきか
(オリジナルプログラムの設計)

②現状分析

現状の問題点・課題点の分析

現状維持での未来

今と変わらない社員

①あるべき姿
(目標の明確化)

どのような、社員になってほしいのか

ギャップを埋める作業

目標達成の為には、どのような研修をすべきか
(オリジナルプログラムの設計)

②現状分析

現状の問題点・課題点の分析

現状維持での未来

今と変わらない社員

それぞれの企業に合わせたオリジナル研修を設計